県連の活動

9月定例常任幹事会

2010-09-23 Thu 17:59

9月23日、9月定例常任幹事会を開催しました。
冒頭、先日の井原市長選挙に民主党推薦で挑戦された木口京子さんが挨拶に来られました。

木口京子さん先月より岡山県連に所属となった難波奨二参議院議員(比例代表)からも、美星町(現:井原市)出身であり、中山間地域の課題を中心に、地元岡山県のために力を尽くしていきたい、との挨拶がありました。

難波奨二参議院議員まず、来春の統一自治体選挙に向けた取り組みを議題とし、県議会1名(岡山市南区)と岡山市議会1名(南区)の公認を本部に申請することを決定しました。あと半年となりましたが、候補者の擁立が少し遅れ気味であり、作業を一層加速していきます。
併せて、統一自治体選挙(県議会・岡山市議会)の公認候補予定者に対する財政支援などを具体的に決定しました。いわゆる3バン(地盤・看板・カバン)のない人でも世の中に貢献できる土台として、公募に加えて、県連として新設するものです。
さらに、政策面では、ローカルマニフェストを作成することを決定しました。
次に、新春1月15日に県連主催のパーティを開催し、統一自治体選挙に向けて勢いをつけていくことを決めました。

9月定例常任幹事会岡山県連としては、当面の最大の課題である統一自治体選挙での党勢拡大に向け、全力で取り組んでいきます。

ページトップへ