県連の活動

被災地・国民に寄り添った政治を

2011-06-02 Thu 18:26

民主党岡山県総支部連合会
代表 柚木道義

 

大震災という国難の中で被災地や国民の思いとかけ離れた内閣不信任案提出は大変遺憾。復旧復興に党内外問わず一致協力すべき、が国民の声。不信任は否決されたのだから今後は与野党も党内も協力すべき。

菅総理は復興のメドがついた段階で『若い世代』にバトンタッチしたいと言われた。今私たちは改めて一致団結して国難を乗り越える事を誓わなくてはならない。同時に私たち若い世代が国難を乗り越え、次代を担うべく力を尽くしたい。

ページトップへ