県連の活動

社会保障と税の一体改革関連法案可決に関するコメント

2012-06-27 Wed 10:54

可決には重い責任が伴う。衆院通過した年金、子育て支援等8法案に加え、今日提出した議員定数削減法案やこれから協議する高齢者医療や最低保障年金、さらなる低所得者対策、景気対策等を9月までの延長国会中に前進させて初めて今日の可決に国民の理解が得られる。造反は大変遺憾。国民はさらなる混乱より、政治の前進を望んでいる。今日の可決に国民の理解が高まるように身を切る改革、社会保障充実を同時進行すべく死力を尽くす。

 

2012年6月26日

民主党岡山県総支部連合会 代表 柚木道義

ページトップへ