県連の活動

岡田副総理が花咲・岡山5区総支部長と総社市で演説 支援を訴える 

2012-12-02 Sun 09:33

岡田克也副総理は1日、岡山県総社市で開かれた集会で、花咲宏基・岡山県第5区総支部長とともに民主党政権がこれまでの3年半で達成した成果を強調し、引き続き多くの支援を寄せてほしいと演説した。会場は立ち見も出るほどの盛況で、500人を超えるの聴衆が集まった。

 

岡田副総理は演説で、「民主党政権が実現してきたことで、子どもへの政策は大きな成果である」と述べ、子ども手当を新児童手当としてこれまで支給されていなかった中学生にまで対象範囲を広げるなどの拡充、一人ひとりの子どもに目が届く細やかな指導を行うための35人学級の実現、高校授業料の無償化による中退者の大幅減など、民主党政権だから実現できた成果を示した。

 

そのうえで

 

「ここから新しい民主党が始まる。皆さんには選択を誤らずに、いい日本を作るために今後も民主党を応援してほしい」と訴えた。

 

花咲・岡山県第5区総支部長は、「これまでの3年半の民主党政権で、皆さんの期待に応えられなかったところもあるが、できたこともたくさんあることを知ってもらいたい」と話し、「皆さんから預かった税金を、皆さんの生活のために、子どもたちの未来のために使う。民主党でよかったと言われるような政治を継続し、社会の流れを変えたい」と熱弁をふるい、これまで同様に応援してほしいと力強く訴えた。

 

最後は会場一丸となっての「ガンバロー」で締めくくった。

 

民主党広報委員会

ページトップへ