県連の活動

「集団的自衛権行使を可能とする閣議決定」に対する街頭演説

2014-09-08 Mon 12:44

本日、民主党岡山県連では、柚木道義県連代表・津村啓介県連幹事長・江田五月参議院議員をはじめ、県連所属議員によって、憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に反対し、撤回を求める街頭演説活動をいたしました。

■安倍内閣の閣議決定は、海外での武力行使に道を開くものです。

■集団的自衛権の行使を認めない憲法解釈は戦後日本の国是。

■民主党は、集団的自衛権の行使を憲法第9条に違反し許されないとしてきたこれまでの政府解釈を180度変更する解釈変更に強く反対します。

IMG_0670(修正)

IMG_0669(修正)IMG_0636(修正)

【写真】柚木県連代表・津村県連幹事長・江田参議院議員・高原県議会議員

羽場岡山市議会議員・高橋岡山市議会議員・時尾倉敷市議会議員

 

 

ページトップへ