県連の活動

共謀罪法案強行採決を受けて代表コメント「人権、プライバシー侵害の恐れ」

2017-06-15 Thu 20:23

安倍政権は、民進党が示したテロ対策としての空港保安体制強化等を示した代案も無視して、一般市民が監視対象になる共謀罪法案を強行採決した。

背景に国会会期延長による学校法人問題など国民の疑惑追及を恐れ、1秒でも早く国会を強制終了したい点があった。

あったことを無かったことにする隠ぺい内閣、無かったことをあったことにできる共謀罪、我々は個人のプライバシーや人権、報道や言論の自由を守るため、あきらめずに国民の皆様と共に巨大与党の暴走に歯止めをかけるべく全力を尽くす。

以上

民進党岡山県総支部連合会 代表 柚木道義

ページトップへ