県連の活動

岡山県連臨時大会

2009-11-05 Thu 12:11

11月3日、県連の臨時大会を開催しました。
多くの来賓をお迎えし、盛大な大会となりました。
党本部からは細野豪志組織委員長が出席、ご挨拶をいただきました。
細野組織委員長あいさつ
大会では、衆院選の総括を行い、参院選への取り組みや役員改選、自治体議員団会議の組織上の位置づけ、地域主権委員会と選挙対策委員会の新設などが審議されました。
約200名の党員・サポーターによる活発な議論がなされた上、提案通りにすべての議案が可決されました。
新しい組織・役員体制の下で、政権交代後の民主党県連として、しっかり活動していきます。
臨時大会会場風景

細野豪志民主党組織委員長を囲む意見交換会

2009-11-04 Wed 20:49

11月3日、細野豪志民主党組織委員長を囲んで、市町村長の皆さんとの意見交換会を開催しました。
テーマは「今日から始まる地域主権~みんなで考え、みんなでつくる新しいしくみ」です。

細野党組織委員長を囲む意見交換会

細野委員長は、前日の党本部役員会で示された「分権型陳情への改革(案)」の説明を中心に、民主党の考え方について講演しました。
参加した市町村長からは、これまでの陳情行政への批判や新しいルールへの評価、具体的な課題の指摘など、積極的な発言が続きました。
県連として、今後、岡山から地域主権を実現していくためのしくみを提案し、参加協力をお願いして閉会しました。

自治体の「陳情・要望」における政治主導のとりくみ

2009-11-04 Wed 14:59

10月29日、国会内与党記者クラブにおいて、自治体の「陳情・要望」における政治主導のとりくみについて発表しました。

記者発表

具体的には、「自治体の意見・要望等を国につなぐ新たなしくみ~おかやまから始まる地域主権モデル①」を提案するものです。

「上京しての陳情」「行政から行政への陳情」を変えていくことや、党本部の方針が実際に機能するための県連としてのサポート(役割分担)などを目的としています。

「脱官僚」「政治主導で政策決定を行う」という考えに基づいて、自治体の意見や要望を、責任をもって国の政策や施策につなげていかなければならないと考えています。

10月常任幹事会

2009-11-04 Wed 14:56

10月25日、常任幹事会を開催しました。

10月常任幹事会

来夏の参議院議員選挙に出馬の意向を表明している江田五月参議院議長の推薦を党本部に上申することを決定しました。
また、「西村けいと」を引き続き岡山3区の衆議院公認候補とするよう党本部に上申することも決定しました。
いずれもすぐに手続きに入り、必勝に向けて取り組んでいきます。

ページトップへ