県連の活動

「集団的自衛権行使を可能とする閣議決定」に対する街頭演説

2014-09-08 Mon 12:44

本日、民主党岡山県連では、柚木道義県連代表・津村啓介県連幹事長・江田五月参議院議員をはじめ、県連所属議員によって、憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に反対し、撤回を求める街頭演説活動をいたしました。

■安倍内閣の閣議決定は、海外での武力行使に道を開くものです。

■集団的自衛権の行使を認めない憲法解釈は戦後日本の国是。

■民主党は、集団的自衛権の行使を憲法第9条に違反し許されないとしてきたこれまでの政府解釈を180度変更する解釈変更に強く反対します。

IMG_0670(修正)

IMG_0669(修正)IMG_0636(修正)

【写真】柚木県連代表・津村県連幹事長・江田参議院議員・高原県議会議員

羽場岡山市議会議員・高橋岡山市議会議員・時尾倉敷市議会議員

 

 

「国民目線か厳しくチェック」

2014-09-03 Wed 17:05

〈第2次安倍改造内閣〉の閣僚名簿発表を受け、県連代表談話

「成長戦略が雇用不安定化を招いてはならないし、置き去りの社会保障充実や財政再建、議員定数削減などを断行すべき。女性登用は管理職を増やす以外にも、地道に働く女性の貧困対策、男性の意識改革、育児や介護支援なども不可欠だが、そこは未知数。集団的自衛権も地元では不安の声が多く、この内閣が国民と十分対話できるのか、厳しくチェックしたい。民主党は若手主体で野党連携も進め、民意に応えられる態勢で臨みたい。」

民主党岡山県連 代表 柚木道義

ページトップへ